三輪車のアイデスニュース3月3日は「三輪車の日」です!

2017.03.02

3月3日は「三輪車の日」です!

昨年末にこちらの新着情報でもお知らせしましたが3月3日「三輪車の日」として認定されました。三輪車メーカーだから知っている三輪車の良さをお伝えさせてください!



「今どき三輪車って使うの...?」と思われる方もいるでしょう。
しかし三輪車が昔からずっと支持されているのには、実はきちんとした理由があります。
一見運動量が少なく見える三輪車ですが、ペダルをこぐ遊びは良い姿勢を保つのにも必要な「体幹」の発達に効果のある優れたエクササイズです。
運動生理学的には体幹を支える腸腰筋の訓練効果が期待できると言われており、さらにそうした体の鍛錬は精神発達上も有効であるとされています。
こうした理由により「三輪車がこげること」は教育の現場でも子供の発育の目安として使われています。三輪車の幼いイメージとは裏腹に漕ぐ動作は意外なほど難しく、早い子供で2歳頃から一人でこげる場合もありますが一般的には2.5~3歳前後と言われています。

日本の保育現場や教育機関で乳幼児の発達を診断するツールとして使われている「乳幼児精神発達質問紙」という冊子には「三輪車」が子供の発達を測る基準として採用されています。
冊子によりますと「30ヵ月で三輪車が押せるようになり」、「36ヵ月で三輪車に乗れるようになる」というのが子どもの発達の標準であるとされています。
三輪車は安全性が高いことも子供用の乗り物として優れているポイントで、加えて将来の自転車のペダリング練習にもつながるという効果もあります。お子様の健やかな成長のためにも、是非三輪車遊びにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

最近流行の足けりの二輪車、ペダルレスバイク。子供に早く自転車に乗れるようになってほしい...と考えるパパやママにも選ばれることの多いペダルレスバイク。
確かに「小さい時期に2輪でのバランス感覚を遊びながら身につけてしまう」という優れた効果があり、補助なしの自転車に苦労せずのれるようになった...というケースは多いようです。
しかしペダルレスバイクでたくさん遊んできたのに、補助輪なし自転車へのステップアップで四苦八苦してしまう...という子供もいることをご存知ですか?
 
つまずく大きな原因のひとつがペダリング。補助輪なし自転車の練習のペダリングでつまずく子どもも少なくありません。
特に今まで三輪車などペダル付き乗り物で遊んだ事のない子ども、そしてペダルレスバイクでしか遊んだことのない子どもにも少なからず見られます。
ペダリングという動作は大人には簡単に見えても、人生ではじめて経験する子供には少し複雑で難しい動作です。
ペダルレスバイクで十分に遊んできた自信満々の子供がどうしてもペダリングができず、結局補助付きの自転車でペダリングの練習をする...という皮肉なケースもあります。
少し大人っぽくてかっこ良いために選ばれる事も多いペダルレスバイクにくらべ、その見た目から「赤ちゃん用」とも思われがちな三輪車ですが、それは正しくありません。
子どもにとってペダリングは難しい動作で、三輪車はペダリングの基礎とペダルを踏める体幹の強さを身につける事ができる、子どもに適した大変優れたのりものです。そしてペダルレスバイクでは二輪でのバランス感覚を中心に身につける事ができます。
 
小さいうちに三輪車と足けり二輪車の両方でたくさん遊んでおくことはその後に自転車へステップアップへのとても良い準備になり、補助輪なし自転車へのステップアップもよりスムーズになります。


震災地域における三輪車プロジェクト
アイデスでは発達心理学の専門家と宮城県東松島市の保育所や児童館の協力のもと、三輪車遊びが子供の心と体の成長、運動能力の発達に及ぼす効果の測定と、震災後の環境変化による子供の運動機会の減少と運動能力の低下への対策として、三輪車の効果を利用したプログラムの開発と提供を行っています。
実際に三輪車を使用した施設での子供の様子やデータから、三輪車のもたらす具体的効果が徐々に明らかになってきています。

3月3日はひな祭り...なんですが、「三輪車の日」でもあるんです。
3月3日は「三輪車の日」としても日本記念日協会に正式に認定されました。
ひな祭りは女の子の成長をお祝いするイベント。
一方、三輪車もまた子ども達に成長をもたらしてくれる乗り物。
どちらも子どもたちの大きな「成長の節目」でもある、という意味で共通しているといえます。
いままでは女の子が主役だった3月3日ですが、これからは女の子だけでなく男の子も主役として、「三輪車の日」でその成長をお祝いしてあげてはいかがでしょうか。

 

  

商品カテゴリー