三輪車のアイデスニュース【開催レポート】ディーバイク in 白州の森バイクロア5

2019.06.03

【開催レポート】ディーバイク in 白州の森バイクロア5

 レースにガチで参加する人も、ゆる~く参加する人も、応援する人も、そして出展ブースのスタッフたちも、会場にいるだけで楽しくなってしまう自転車イベント、「バイクロア」。
そんなバイクロアが尾白の森名水公園べるがで開催されました。
キッズコンテンツ担当として、ディーバイクも参加させていただきました。ディーバイクスタッフは初めてこちらの会場に足を運んだのですが、バイクロアでいつも感じる居心地の良さ。素敵なウェルカムボードがお出迎え。

今回も1歳から乗れるD-bike miniiから小学生まで乗れるD-Bike Xstreet20まで持ち込んでたくさんの子どもたちにD-Bikeを体験してもらいました。

落ち葉とカラフルなフラッグを使ってコースを設置。
今回参加した2名のD-Bikeスタッフは日本マウンテンバイク協会のインストラクター資格を持っているので、同協会が子ども向けに実施している自転車キッズ検定の項目からいくつかをコースに取り入れてみました。

早速チャレンジしてくれたお友達。

今回の会場はテントやバンガローなどで宿泊できるので2日間家族で参加されているお客様も多く、そういったご家族にとってD-Bikeのキッズエリアは絶好の遊び場になっていたようです。

1日目の夕方からはキッズエリアの場所でライブを開催。
15時過ぎくらいからDJが流すゴキゲンな曲に合わせてドラムの人が即興でセッション(?)するシーンもあり、さらに素敵な雰囲気に。カッコ良かったです。

1日目のキッズエリアは17時で終了。
終了後、同じ場所ではライブで盛り上がっていたようです。
我々D-Bikeスタッフはせっかくの機会なので・・・ということでテントやシュラフを持ち込んでキャンプを楽しみました。

ちょっと話は逸れますが1日目が終わってテントの横で食事をしていたら、いつのまにか土から出てきたセミの幼虫が膝のところまで登ってきてました。
きちんと羽化できるように近くの木の枝に移してあげて就寝。
朝起きたら殻だけになっていました。

枝の上のほうを見たら羽化したての真っ白なセミがいました。
こんな貴重な経験が出来るのも自然豊かなこの会場ならではです。

2日目もたくさんのお友達がキッズエリアに遊びに来てくれました。
補助無し自転車の練習をしたいというお友達もいたので出来る限りのサポートをさせていただきました。何人かはこの日のうちに補助輪なしデビューを果たしてくれました。
お役に立ててうれしい限りです。

お昼ごろからキッズエリアを一部使ってのキッズレースが開催されました。

みんな真剣にスタッフの説明を聞いてコースを試走してレースに臨んでいましたね。
中には速い子もいるのですが全体的に緩い雰囲気。
バイクロアのキッズレースはレース未経験者や、おとなしい性格の子でも楽しく参加できると思います。D-Bikeのブースでは車両やヘルメットの貸し出しも行いますので手ぶらでのレース参加も可能です。
次回バイクロアでご興味がありましたらお問い合わせいただければと思います。

レースの後は再びD-Bike体験コース。
当初14時で終了の予定でしたが好評につき15時まで延長させていただきました。
遊びに来てくれたたくさんのお友達、ありがとうございました!


今回ニンジャウィールも会場に持ち込ませていただきました。
キッズエリアのすぐ近くに練習用の手すりと一緒に設置していたのですが、こちらもなかなか人気があったようです。親子で挑戦したり、出展ブースのスタッフがみんなでワイワイガヤガヤと挑戦したり。
自転車好きな大人たちにとって「一輪車に乗れる」というのは例えば「ウィリーができる」、「マニュアルができる」、「バニーホップができる」、「ジャックナイフターンができる」といった感覚に近いのかもしれませんね。

会場の尾白の森名水公園べるがは広い敷地内で様々なアウトドアアクティビティを楽しめる素敵な施設でした。園内には綺麗な温泉施設もあって我々スタッフも撤収作業後にサッパリ汗を流して帰路に就くことができました。
また、園内のレンタル用子ども自転車としてD-Bikeシリーズを7台ご用意させていただきました。
今後遊びに行く機会がありましたら是非ご利用いただければと思います。

次回バイクロアは蓼科エリアで9月に開催予定とのことです。
詳細が分かりましたら改めてアイデス公式HPでご案内させていただきます。

 

  

商品カテゴリー