三輪車のアイデスニュース

2019.04.22

ワイズロード 自転車教室&体験会レポート

 自転車好きにはおなじみの自転車専門店「ワイズロード」さんでディーバイクの自転車教室と体験会が初開催されました。
今回のワイズロード東大和店さんは、近くに里山もあるのどかな東京の多摩地区にあります。広い試乗スペースもあり、いつもの体験会より時間もたっぷりある...ということで、インストラクターがマンツーマンで子どもたちの練習にじっくりとおつきあいすることができました。


ディーバイクのフルラインナップ。できたてほやほやのニューモデル、マスターALも試乗していただきました。
 
 
 
 
 
開店前から遊びにきてくれた男の子。キックバイクは乗れるけど自転車は未体験で自信ない...というお父さんのコメントに、まずはレベルをチェック。ちょっと緊張気味なボクだけど、足けりもペダリングもすごく上手で、これはすぐ乗れそうな予感!!さっそく補助なしの練習へ。


できれば親子で自転車デビューの試練を乗り越えて、子供との思い出をつくってほしい...。自転車教室ではパパやママにも参加していただいて、効率の良い練習やサポートをお伝えさせていただいています。


そして嬉しい補助輪なしデビューの瞬間! パパの協力があると成功率は飛躍的に上がります。


最後は余裕の笑顔で、インストラクターがゆっくり歩くペースにも合わせられる安定した走りっぷりにまで成長! さっき初めて自転車に乗ったとは思えません。 



「もうずいぶん長いこと練習してるんだけど...」とママときてくれた男の子。怖くて肩に力が入って思うように距離が伸びません。おまかせください。インストラクターは長年の経験から一人一人の子供に合うように工夫してサポートをしています。だから今までほぼ全員乗れるようになるミラクルを達成しているのです!(自画自賛...)
 

乗れたらこの笑顔!!! スタッフはこれが見たくていつも体験会や教室をがんばっています。

 
乗れるようになると、もう嬉しくて走りたくてしかたありません。帰りたいママを横目にずっと走り続けていました。だんだんフォームも様になってきて、これならお家に帰ってからも問題なさそうです。
 
 

乗り物系が全く初めての子もディーバイク体験会にはやってきます。この子はキックバイクを初めて体験することからスタートし、なんと補助付き自転車をスイスイこげるようになってしまいました! ディーバイク体験会ではこんなチャレンジスピリットあふれる活発な女子をよく見かけます。
 

自転車に乗れる子も体験していただけます。この子はレースコースでBMXを乗り込んでるだけあって、常にスタンディングで走る上級者。意外にもギア付きは初めてということで、Xstreetを楽しんでいました。


弟くんもBMXライダーだそうです(スゴイ!)。風のように疾走、兄弟揃って将来が楽しみです。


女の子にもギア付きでスポーティーな自転車は似合います。妹さんの付き添いのお姉ちゃんでしたが、楽しそうでした。
 

会場が広いと練習もしやすくて、成功率も上がります。ロケーションの効果もあって、参加した全ての子供が上手に乗れるようになりました。それにしても、自転車ショップで試乗できて、乗り方まで覚えられるなんて最高ですね!


自転車好きの大きな子供にはおなじみワイズロードさんですが、小さな子供用のディーバイクもご注文いただけます。詳しくは最寄りの各店舗までお問い合わせください。

 

つづきを見る

2019.04.01

【開催レポート】ディーバイク in アーバンバイクロア大阪

 
のんびり走る人もガチで走る選手も、風変わりな自転車のライダーも仮装メインのライダーも楽しめる、そして見ているだけでも楽しい自転車イベント、「バイクロア」。おいしいフードやおしゃれな自転車グッズやブランドの出展も毎回好評です。そんなバイクロアが大阪で初めて開催。キッズコンテンツ担当として、今回もディーバイクが参加いたしました。
 

ゲートをくぐると2台の大型トレーラーでつくった立体交差がお目見え。毎回趣向を凝らしたワクワク楽しいコースも人気の秘密です。


今回は梅田の駅前と言う絶好の立地にあやかり「アーバン」と銘打ったスパイスが効いて、カーゴバイクや街乗りバイク、ピストバイクたちも大集合、ド迫力の走りを見せていました。写真は荷物込みで100kgは軽く超えそうな巨大なカーゴバイクで階段の難所をこえるシーン。これまた巨漢のライダーは、コスプレでも大いにウケていましたが、少々お見苦しいため(失礼)足だけ写っています。
 

「子供が自転車に乗れる」ということで、ディーバイクの体験コーナーを目当てにきてくれたファミリーもいらっしゃいました。ディーバイク特設コースではディーバイクシリーズの試乗と補助輪なし自転車の教室を行ないましたよ。
 

体験会でのヒトコマ。かわいい笑顔に出会えることが、ディーバイクスタッフが毎回楽しみにしていることの一つです。
 

おねえちゃんは得意げにニヤリ。たしかに上手に乗っていました。
 

自転車に乗っている間、どうしても笑いが止まらないボク。結局2日とも遊びにきてくれました。ありがとう。
 

自信がつくと、良い顔になります。イケメンです。
 

ディーバイクの体験会では、いろんなディーバイクをとっかえひっかえお試しすることもできます。予想に反してピッタリの一台が見つかったりします。
 

のせてみたいママ、やっぱりおりたいワタシ。


補助輪なし自転車教室にて。バイクロアにきてくれる子どもたちは何故かみんなスジがいい。親御さんも熱心で、教え方の飲み込みも早い。自転車力は遺伝するようです。
 

春の嵐か?当日は時折雨がパラつくあいにくのお天気。そんな悪コンディションでも最後まで自転車教室をがんばってくれた子どもたち、そしてパパとママ。初めて自転車に触れる子もそうでない子も、短い時間でみんな本当にビックリするぐらい上手くなりました。パパから「自転車買ってやる」の鶴の一声も上がります?!
 


まだぜったい早すぎるんだけど、ペダル付き自転車が気になって仕方ないボク。同じようなチャレンジ魂あふれるキッズをたくさん見かけました。早めの自転車デビューを考えている方の興味を引いていたのがディーバイク12。2.5歳~3歳前後で自転車デビューをお考えの方に。


意外に苦戦するのがペダリング。昔は三輪車で鍛えられたけど、今は自転車が初めての子が多いからでしょうか。ペダリングがどうしてもできない子には補助輪の練習をおすすめしています。
キックバイクは持っているけど、自転車はどれにすれば良い?というお悩みも多くいただきました。12インチは乗りやすそうだけどすぐに小さくなってしまいそう、でも16インチだとまだ地面に足が届かない…。そんなときにもマスター16/18を補助輪付きではじめるのはおススメです。補助輪をつければ地面にしっかり足が届く少し前から乗れます。ディーバイクマスター16/18の補助輪は簡単着脱だから、いつでも補助輪なしに移行できますよ。ディーバイクは低床フレーム採用、16インチでも14インチ並みに足つきが良いのが特徴です。


隣接のキッズロアサーキットではキッズのレースも開催。ディーバイクに乗ってレースに参加してくれた子もいました。
 

KIXで疾走する男の子。今回の砂利の超ショートコースでは、自転車よりキックバイクの方が有利なようでした。
 
  
今後もバイクロアのイベントにはディーバイクがキッズ担当として参加いたします。つぎは5/25-26の白州の森バイクロア。ぜひ遊びにきてくださいね。

 

つづきを見る

  

商品カテゴリー