社団法人日本将棋連盟 羽生善治 将棋で鍛える『決断力』DS

プロ棋士161人に聞きました!

アンケート回答者送付数回答者数
棋士(現役)159136
棋士(退役)43
女流棋士(現役)3825
女流棋士(退役)4
合計244161
調査時期 :2009年8月
調査方法 :現役引退を含めた棋士、女流棋士に書面で配布。
記述後に返送

【問7】将棋を始めて良かったこと、役に立ったことは?(成績や評判以外)

将棋を始めた事で、成績や周囲からの評判以外のことで
  「良かった」「役に立った」と感じる事はありますか?(自由記述)

●多数回答
・年齢などに関係なく様々な人と出会い、数多くのことを学んだ
・考える力がついた
・集中力がついた
・人の気持ちがわかるようになった

<その他少数回答>
・テストで出題者される「ひっかけ問題」が見抜けるようになった
・一つの日本文化が趣味と自慢できる
・自分の居場所と生きがいを見つけることができた
・将棋の本を読むようになったことで、普通の本も読む習慣がついた 
・・・etc.


<< 将棋を始めた前と後で、周囲の評判はどのように変化しましたか?将棋を始めたのはいつごろでしたか? >>



2009年12月14日に足立区竹の塚小学校で行われた羽生善治氏と茂木健一郎氏による特別対談授業を再構成しました。

このサイトは社団法人日本将棋連盟発行小冊子「将棋は脳を育てる」の内容をホームページ化したもので、
より多くの方にご覧いただくことを目的に公開されています。