社団法人日本将棋連盟 羽生善治 将棋で鍛える『決断力』DS

座談会将棋を指すようになって、勉強にも
人間的にも好影響が出ています!


東京・竹の塚小学校の土曜将棋教室に通っている子どもたちのお母様にお集まりいただき、将棋を指すようになって、子どもたちが、どのように変わったかについてお話をうかがいました。

座談会
参加者
河上昭子(小3) 藤田克枝(小6) 人見和美(小6)
本間智子(小5) 竹田裕子(小1)
※敬称略/カッコ内はお子様の学年

将棋でいいなぁと思えるところは?

座談会の様子
「将棋が大好き」子どもたちの将棋に対する熱中ぶりは、お母さんたちもびっくりするほど。
[河上]悔しさを乗り越えて「負けました」と頭を下げるところ。負けを認めなければ対局は終了しないんですものね。

[藤田]一過性のゲームと違って、失敗したときに「あの一手が」と道筋を振り返るところ。

[人見]集中力がなくて、長時間椅子に座っていられなかったのですが、将棋を指すときはトイレも忘れるほど集中します。

[本間]一人っ子なんですが、年上や年下の子とも将棋のおかげで友だちになれるし、大会に行って初めて会った子とも仲良くなれます。

[竹田]家では、回り将棋をやりたがります。おじいちゃんやお父さんに勝てるから。まだ1年生ですが、世代を超えて楽しんでいます。


<< お子様が将棋を始められたきっかけは?将棋は教育的にどうでしょうか? >>



2009年12月14日に足立区竹の塚小学校で行われた羽生善治氏と茂木健一郎氏による特別対談授業を再構成しました。

このサイトは社団法人日本将棋連盟発行小冊子「将棋は脳を育てる」の内容をホームページ化したもので、
より多くの方にご覧いただくことを目的に公開されています。