社団法人日本将棋連盟 羽生善治 将棋で鍛える『決断力』DS

小学校1年生のときに将棋に出会った羽生少年は、
小学生名人となり、やがて最強のプロ棋士へと成長する。
この間、羽生善治の脳に何が起きたのだろうか。
将棋が脳に与えるすばらしい影響と、
将棋の魅力について、脳科学者の茂木健一郎が解き明かす。

将棋を覚えれば算数の成績が上がる

[羽生]算数の成績が上がりました。算数を解く方法と、詰将棋の解き方って、ほとんど同じなんです。将棋をやれば算数も速く解けるし、応用もできるし、理解も深まります。

[茂木]羽生さんを見てごらん。すごく姿勢がいいでしょう。みんなはさっきからグニャグニャ動いているけどさ。将棋で礼儀作法も身につきますか?

[羽生]すごく楽しいとか真剣に考えているとか、集中しているとき、体は静止するようです。「お願いします」という挨拶に始まり、「ありがとうございました」という挨拶で終わるのも将棋のよいところです。

[茂木]さっきから動いている人たち、集中してないのかなぁ。

[羽生](笑)子どもは、そのほうが自然です。

<< 頭の中に将棋盤ができて自由に駒が動かせる!集中力が丸二日も持続するようになる >>



2009年12月14日に足立区竹の塚小学校で行われた羽生善治氏と茂木健一郎氏による特別対談授業を再構成しました。

このサイトは社団法人日本将棋連盟発行小冊子「将棋は脳を育てる」の内容をホームページ化したもので、
より多くの方にご覧いただくことを目的に公開されています。