補助輪なし自転車をマスターしよう!(3)/ケンケン乗りをしてみよう

補助輪なし自転車をマスターしよう!(3)/eyecatch

今回からは、ペダルを使った練習に入ります。
右足のペダルだけ装着してください。

 

 

左足でケンケンしながら進んでみよう

右足をペダルに乗せ、左足だけでケンケンしながら進んでみましょう。
このとき、右足はずっとペダルの上に乗せた状態をキープ。
止まるときは、足ではなく、ブレーキを使って止まるように練習してください。ブレーキで止まった後は、両足を地面についてOKです。

 

できるだけ長い距離を進んでみよう

ふらつかないで進めるようになったら、1回のキックでできるだけ長い距離を進んでみましょう。
止まるときは、先ほどと同じように、できるだけ右足をペダルに乗せた状態でブレーキをかけてください。
さらに完璧をめざすなら、完全に止まった後も右足はペダルに乗せたまま、左足だけ地面についてバランスをとってみましょう。止まっているときもブレーキをかけるようにすれば、片足だけでも安定しますよ。

補助輪なし自転車をマスターしよう!(3)/できるだけ長い距離を進んでみよう

ケンケン乗りの練習で身につくこと…

右足だけペダルに乗せたケンケン乗りの練習は、一人で自転車を漕ぎはじめるスタートの練習です。実はこの一人でのスタートは、補助輪なし自転車に乗る技術の中で、最もマスターするのが難しい技術の一つです。

もし大人がしっかりとサポートしてあげられる環境であれば、この一人でのスタート練習を後回しにして、次のステップ(4)のようにペダルを両方付け、大人が支え両足をペダルに乗せ、大人がスタートを手伝いながら、ペダリングして乗ることを先におぼえてしまう…という方法もあります。しかしサポートするには、子供を支えながら並走して子供が転んでしまわないようにする配慮、上手にサポートする技術などが必要になってきます。

このステップ(3)のケンケンの練習から次のステップ(4)でのペダルに両足を乗せる練習までを練習することで、一人でのスタートの練習になるだけでなく、自転車の操作感覚や二輪でのバランス感覚も同時に鍛えられ、その後のペダリングのマスターもよりスムーズになります。ぜひ挑戦してみてください。

 

続きはこちら>(4)ペダルをこいでみよう

SNSでフォローする