補助輪なし自転車をマスターしよう!(特別編)/補助輪をつけて練習

補助輪なし自転車をマスターしよう!(特別編)/eyecatch

もし今までに三輪車などペダルを使って動かす乗り物で遊んだことがなく、ペダルがどうしてもうまく回せない場合には、補助輪を使って練習をしてみましょう。

 

ペダルをこぐための基礎を身につけよう

ペダルをこぐのは、大人には簡単に見えても、初めての子どもにとっては難しいものです。自転車に補助輪をつければ、ペダルをこぐための基礎や、体感の強さを安全に身につけることができます。足がペダルから離れてしまったり、途中で逆に回してしまったりしないように、練習を重ねましょう。

 

三輪車・ペダルレスバイクのススメ

もし三輪車やペダルレスバイクで遊べる環境が整っているなら、小さいうちから両方使って遊ぶことをオススメします。自転車へのステップアップが、とてもスムーズになりますよ。
三輪車は自転車と比べると、「赤ちゃん用」というイメージがあるかもしれません。
しかし、三輪車はペダルをこぐための基礎と体幹の強さを身につけるのに有効で、子どもの成長にとても適した乗り物といえます。また、ペダルレスバイクは、自転車の操作に必要なバランス感覚を身につけることが可能です。

補助輪なし自転車をマスターしよう!(特別編)/三輪車・ペダルレスバイクのススメ

 

ワンポイントアドバイス:補助輪の着脱について

補助輪もペダル同様に、着脱に自転車整備の知識が必要です。自転車店で作業してもらうことをオススメします。
補助輪が工具いらずで簡単に着脱できる「ディーバイク マスター」のような自転車を選ぶのも便利です。こうした自転車なら、公園までは補助輪をつけ、公園で外して練習、帰りにまた補助輪をつける、という使い方もできます。

補助輪なし自転車をマスターしよう!(特別編)/補助輪の着脱について

 


補助輪なし自転車をマスターしよう!のリスト


>(1)自転車を動かしてみよう


>(2)足で蹴って進んでみよう


>(3)ケンケン乗りをしてみよう


>(4)ペダルをこいでみよう


>(5)これで自転車マスター

 

SNSでフォローする