子ども用もばっちり!空気入れ(ポンプ)の選び方

空気入れ(ポンプ)の選び方

「空気入れ」は自宅で簡単にできるメンテナンス

自転車のタイヤに空気を補充する「空気入れ」は、日常的にできるメンテナンスのひとつ。快適に乗るためにも有効ですし、パンクの防止や発見にもつながります。今回は子ども用自転車にも対応できる空気入れ(ポンプ)の選び方についてご紹介します。

空気入れにはさまざまなタイプがある!

ひと昔前は、ホースの先端に洗濯はさみのようなものが固定された「英式バルブ」にしか使えない空気入れが一般的でした。しかし最近では、英式だけでなくスポーツバイクに使われている「仏式」や「米式」などのバルブ形状にも対応できる切り替えタイプのポンプも安価に購入できるようになってきました。

また、ポンプの形状や仕様もさまざまなものがあります。コンパクトな携帯タイプのものもありますが、ふだん自宅で使うなら、力を入れやすい据え置き型のフロアタイプがオススメ。空気圧メーターがついているタイプも便利です。適正な空気圧はタイヤのサイドに表示されているのでその範囲で空気を入れて使用してください。

フロアタイプ空気入れ
携帯タイプ空気入れ

 

バルブに合った空気入れを選ぼう!

ポンプを購入するときは自宅でお使いの自転車のバルブの形状を確認し、そのバルブに対応しているポンプを購入してください。

最近よく見かけるのがスポーツ自転車用につくられた「仏式」と「米式」が切り替えられるタイプ。一般的な家庭の自転車や子供自転車のほとんどには「英式」のバルブが使われているのでそのままは使えませんが、洗濯バサミのような英式用のアダプターが付属していれば使用できます。

アダプターは別売りでも安価(200〜300円)で購入可能。どんなポンプを購入したら良いのかわからない時は、知識のある自転車専門店で相談してみてください。

バルブの種類 空気入れ

 

子ども用自転車に合った空気入れを選ぼう!

「12インチ」「14インチ」と言った子ども用自転車に空気を入れるときに、空気入れがタイヤのバルブに刺さらない場合があるので注意が必要です。

なお、車輪が小さすぎるために、空気入れの口がバルブに入らないことがまれにあります。どうしても入らないときは、タイヤ側のバルブを延長する「バルブアダプター」を利用しましょう。バルブアダプターは200〜300円程度の小さなパーツで、自転車専門店などで取り扱っている場合が多いようです。

 

子どもと一緒に空気入れを使ってみよう!

自転車に乗っていると、いつの間にか空気圧は減少してしまうもの。大人は空気がないことに自分で気がつきますが、子どもは気がつかないこともありますので、定期的にお子様の自転車のタイヤの空気をチェックしてあげるようにしてください。

子どもと一緒に空気入れをすれば子どもが自転車のことを理解するいい機会にも、親子のコミュニケーションにもなるので◎。みなさんもぜひチャレンジしてみてください。

SNSでフォローする