サドルを“ちょうどいい高さ”にするには

足付きがいい=補助輪なしの練習がしやすい

子ども用の自転車を選ぶとき、「サドルの高さ」は大事なポイントとなってきます。特に地面を足で蹴って進むペダルレスバイクや、補助輪なしの練習をするために自転車を選ぶ場合は、足で地面を蹴ったり、両足でしっかり支えたりできるかがとても重要。そのために乗りやすい(練習しやすい)サドルの高さまでサドルが下げられること、つまり「足つきのよさ」が大切になってくるんです。

 

自転車によってサドルの高さはちがう?

同じフレームサイズ、車輪の大きさでも、サドルの調節範囲は自転車によってまちまち。子ども用の自転車は基本的にどれもある程度のサドル調整ができるようになっています。しかし、本格スポーツブランドや海外製のスポーツタイプの子ども用自転車には注意が必要です。

 

スポーツタイプはサドルが低くできない!?

競技用やスポーツタイプの子ども用自転車は、走破性やペダリングのしやすさを重視して、一般的な子ども用自転車と比較して車高が高く、サドルがあまり下げられないフレームが採用されている場合が多く見られます。こうした自転車は、そもそも補助輪なし自転車に乗れることを前提に設計されているため足つきが悪く、補助輪なし自転車の練習には向きません。

 

足付きのいい「低床タイプ」。 デメリットも!?

一般的な子ども用自転車の中にも、「低床タイプ」というサドルをより低く下げられるタイプもあります。こうした自転車のメリットは、身長が低くても足が地面にべったり届いて乗れることです。一方、極端な低床のものはサドルの調整の幅が狭くなったり、サドルを低くした状態ではペダリングがやりづらくなってしまうなど、デメリットもあるので注意が必要です。

 

サドルが大きく上下できる=いつまでも長く乗れる自転車…ともいえない

サドルが大きく上下できることで「長く乗れる」という子供自転車もあります。確かにサドルの調整範囲は自転車が使える期間のひとつの目安。しかし自転車の適切なサイズとはサドルの高さだけでは決まりません。車輪やフレームの大きさ、クランクの長さなどは通常調整ができないので、体にフィットして使用できる期間にはどうしても限界があります。サドルは低くなったが車輪や車体が体格に対し大きすぎる、また逆に、サドルは高くなったが車輪や車体は小さすぎる、など極端なポジションではバランスが悪く、のりやすさだけでなく安全面でも不安です。子供自転車の場合、サドルの調整などで一台をできるだけ長く使おうとしても、実際は成長にあわせて自転車自体を買い替えたほうがいい時期がきてしまう、ということも知っておいた方が良いでしょう。育ち盛りの子どもの体型や体格の変化とは、それほど大きいものなのです。

 

自転車選びで失敗しないためには?

自転車のデザイン、子どもの体型や体格によっても乗りやすさはちがってきます。どの自転車を選ぶ場合も、目安としてのサイズやサドルの高さだけでなく、実際にまたがって確認してみることをオススメします!
あとは、自転車のことをよく理解し、調整・整備の技術、知識のある自転車の専門店で購入するのも◎。お店で自転車を乗り比べて、しっくりくる一台を選ぶことも子どもにとって楽しい経験です。お気に入りの自転車との出会いは、その後の練習の励みにもなり、上達のスピードにもきっと関係してくるはずです!

実際に自転車を選んでみよう!

 

補助輪付き自転車を選ぶ場合

サドルに腰をかけて、ペダルをしっかり下まで回せる高さにサドルを調整できるかをチェックしてください。ペダルを下まで踏んだときでもひざが伸びきらない(つま先こぎにならない)ことがポイントです。
補助輪があれば両足で支えなくても車両は転倒しないのですが、一人で乗り降りすることを考えると全く両足が地面につかないサイズは大きすぎると言えます。両足がしっかり地面に届かないとしても、少なくとも安全に一人で乗り降りができるサドルの高さにできることが目安です。

 

補助輪なしデビューのための自転車を選ぶ場合

サドルにまたがったとき、両足が十分に地面につく高さまでサドルをしっかり下げることができるかを確認しましょう。しっかり足が地面につくことで、いつでも倒れず支えられるという気持ちの余裕が生まれ、自転車の不安定感や重さからくる恐怖心を軽減することができます。
ただ、「サドルが低くなるほどいい」というわけではありません。両足を地面につけたときにひざが大きく曲るまでサドルを下げる必要はなく、低すぎるとかえって乗りづらく、上達もし難くなります。両足の裏がほぼ全面〜軽くかかとが浮くくらい地面に届き、ひざがまっすぐ〜軽く曲がるくらい少し余裕があるサドルの高さに調整できればいいでしょう。

 

練習内容によってサドルの高さを変えるべし!

 

ペダリングの練習時にはサドルを高くするといい
ペダリングの練習までするようになったら、ほんの少しだけサドルを高くしてあげると乗りやすくなり、一気にペダリングをマスターしやすくなる場合があります。理由は足蹴りの練習時と同じ低いサドルポジションのままだと、ペダルを回す足の屈伸が窮屈になるからなんです。このため、地面への足つきは少し悪くなりますが、サドルを上げてペダリングをしやすくすることをオススメします。
ただし、サドルが高いと停車時にバランスがとりづらくなるので注意が必要。停車時は倒れないように支えてあげるなど、上達するまでサポートしてあげてください。

 

補助輪なし自転車のサドルの高さ

サドルを調整する目安は、はじめは両足を地面につけた時に、かかとが軽く浮くくらい。上手に乗れるようになってきたら、そこから少しづつサドルを上げていくとこぎやすくなり、さらに上手に乗りやすくなります。
ただ、そのためにはブレーキでしっかり止まれるようになっていること。そして、停車時に片足をペダルに乗せたまま、片足だけを地面について止まれるようになっていることが必要です。停車時に片足でバランスの取れない高さにまでサドルを上げるのは大変危険です。
大人の自転車の場合は、こぎやすさを重視して片足しかつかない、または両足も届かない高さのサドルにすることがあります。しかし、公園や公道で乗る子ども用自転車の場合は乗れるようになったあとも、ある程度足つきのいいサドルの高さにしておいた方が安全のためにはいいでしょう。

SNSでフォローする