人生初のマイ三輪車に大はしゃぎ!レースでも優勝しちゃった!/はーちゃん3歳

のれた!物語/はーちゃん3歳_eyecatch

三輪車デビューの瞬間からスイスイ漕げた、はーちゃんの「のれた!物語」を、ママのR.Gさんが教えてくれました。

 

おもちゃ売り場でいつも気になっていた三輪車。

デパートなどで三輪車を見かけるたびに「のってみたい!」と試乗していたはーちゃん。すでに二輪のバランスバイクを持っていたので「次に買うなら自転車かな」と考えていましたが、楽しそうに試乗する姿を見て、少しずつ気持ちが変わっていったんです。私も幼少期は三輪車をのり回してあちこち遊びに行っていたなぁと、楽しい思い出がよみがえってきて……そこで、三輪車を手に入れたんです。

我が家にやってきた三輪車は、D-Bike TRY!。ピンクとホワイトのかわいらしいカラーリングで、はーちゃんは一目で気に入った様子。組み立て段階から大はしゃぎしていました。

のれた!物語/はーちゃん3歳_01

 

3歳のはーちゃんには少しサイズが小さいかな?とも思いましたが、のってみるとサイズ感はぴったり。D-Bike TRY!のサドルは3段階にサイズ調整ができるので、もう少し体が成長しても十分のれそうです。クッション性があり、背もたれも付いているので、のり心地も良さそう。

 

はじめてのマイ三輪車にドキドキ!

のれた!物語/はーちゃん3歳_02

 

まずは家の中で試しのり。おもちゃ売り場にあるオーソドックスな三輪車を試乗したときは、足の踏ん張りが弱いせいかよたよたと進んでいる印象でした。だからD-Bike TRY!も、スイスイ進めるようになるには時間がかかるかな……と思っていたんです。でも、意外にも最初からスムーズに漕ぎはじめることができて。「ママやパパのサポートがなくても、こんなに上手に漕げるなんて!」と驚きました。

「すごいね、はーちゃん!」と感心していると、「実はね、保育園の三輪車でもこっそり練習していたの」と教えてくれました。そこまでしてのりたかった三輪車。やっぱり、手に入れてよかった!

それからはもう、毎日D-Bikeの三輪車をのり回すように。一生懸命練習して、だんだんスピードやテクニックをつけていったんです。屋外でもスイスイのれるようになった頃、なんと「サイクルエキスポ」で開催されるD-Bikeのレースに参加することになったんです。

 

三輪車のレースに、いざ挑戦!

毎日のように練習し、「ねえねえ、三輪車のレースもうすぐ?」聞いてくるはーちゃん。準備万端で迎えた「サイクルエキスポ」当日。たくさんの子どもたちが集まっていました。

3〜4歳の同年代の子どもを対象にしたレースですが、走行コースは坂あり段差ありの本格派。ちゃんとできるかな、少し不安になりながら家族全員で見守ります。

 

のれた!物語/はーちゃん3歳_03

 

「ヨーイ、ドン!」の合図とともに、勢いよくダッシュして先頭に躍り出た子がいると思ったら、なんとはーちゃん!坂道や段差道などの難関もスイスイ進んで、決勝まで勝ち残りました。決勝戦では難しい折り返しコーナーもありましたが、スムーズに切り返して堂々の1位でゴール!妹も、おじいちゃんもおばあちゃんも、みんなで大喜びしながらお祝いしました。当日応援に行けなかったパパも、はーちゃんの1位とパパに見せるために大切に持って帰ってきたメダルに驚き、そして喜んでくれました。

のれた!物語/はーちゃん3歳_04

のれた!物語/はーちゃん3歳_05

のれた!物語/はーちゃん3歳_06

 

優勝商品は金メダルとお菓子のセットに、補助輪なしの練習ができる自転車のD-Bike Master!もう少し大きくなったら、次は自転車の「のれた!」を体験しようねと、約束しました。

 

どんなおもちゃよりも夢中!

優勝してさらに自信をつけたのか、翌日からはより一層、三輪車に夢中になっていました。

のれた!物語/はーちゃん3歳_07

 

バランスバイクよりも漕ぐ力がいりますが、その分足腰が鍛えられるなど、体の発育にも良い影響を与えてくれているようです。本当に、「三輪車はもういらない」で終わらせなくてよかった!はーちゃんがもう少し大きくなって自転車にのれるようになったら、三輪車は3歳下の妹に引き継いで、家族みんなでサイクリングに行こうね。

 

SNSでフォローする