三輪車からのペダルレスバイクチャレンジ/ももちゃん3歳

のれた!物語/ももちゃん3歳_eyecatch

三輪車からのステップアップで、ペダルレスバイク(またはキックバイク)にのれるようになったももちゃん(当時2歳)のママ、Y.Aさんが教えてくれた「のれた!物語」を紹介します。

 

夢中でのっていた三輪車

1歳のころからのっていた「コンポフィット」という三輪車が大好きだった娘。三輪車を外に出すだけで、すぐに駆け寄ってきてのり込んでくるほどでした。この三輪車を、はじめはベビーカーのように押して使っていました。娘が少し大きくなってからは、コントロールバーなどのパーツを外してひとりでのる練習。ペダルを漕ぎ進めたり、ハンドルを操作したり……。抵抗感なく三輪車にチャレンジできていました。

のれた!物語/ももちゃん3歳_01

 

ペダルレスバイクに戸惑う……

ペダルレスバイク(またはキックバイク)に挑戦したのは、娘が2歳になってからのこと。「もう少し成長してからのるのりものだろうな」と思っていたところ、ネットで2歳の子どもでも楽しめるペダルレスバイクがあることを知ったんです。娘が三輪車に慣れてきたこともあり、新たにチャレンジすることにしました。
私たちが選んだのは「D-Bike KIX」というペダルレスバイク。さっそく家の中で試しのりをしてみることに。いざまたがってみるとふらふらと倒れそう……。どうやら自分の力でのりものを支えて立つことが難しいみたい。今までのっていた三輪車と違い、自立しないペダルレスバイクに少し戸惑った表情を浮かべていました。

のれた!物語/ももちゃん3歳_02

 

お友だちやお友だちのママに褒められて、ぐんぐん上達!

その後の練習でもバランスを取ることに苦戦した娘。三輪車のように安定感のあるのりものが好きだったらしく、ペダルレスバイク(またはキックバイク)の練習はあまり気が進まなかったり、練習に取り組んでも上手くバランスがとれずに転んでしまうと「もうのらない」と言ってやめてしまったりすることもありました。

のれた!物語/ももちゃん3歳_03

 

そんなとき頑張るきっかけをくれたのは、ペダルレスバイク(またはキックバイク)に乗っているお友だち。そのお友だちがペダルレスバイクにのって遊んでいると、娘は「のる!」と言って一緒に遊んでいました。お友だちからいい意味で影響を受けていました。
そして、一緒に遊んでいるときにお友だちやそのママから褒められると、娘は得意げな表情を浮かべて、さらに張り切って練習!すると、ぐんぐん上達して、気づいたらひとりでバランスをとりながら前に蹴り進めることができるようになっていました。

のれた!物語/ももちゃん3歳_04

 

うまくいかなかったことも、いい思い出に

スムーズにのれるようになった三輪車と違い、ペダルレスバイク(またはキックバイク)ではうまくいかないこともたくさんありました。でも、その分、娘も私も得るものは多かったように思います。娘にとっては、すぐにできないことにもチャレンジを続けて克服できた経験は、自信になっている様子。今は大好きだった三輪車と同じくらい、ペダルレスバイクに「のりたい!」と言っています。親としても、我が子が一生懸命頑張っている様子を間近で応援できるのは幸せなこと。夫は、仕事から帰ってきてすぐに、スーツ姿のまま室内で娘と一緒に練習していました(笑)。難しいことを一緒に乗り越えたD-Bike KIXでの体験は、親子のいい思い出になりました。

のれた!物語/ももちゃん3歳_05

SNSでフォローする