三輪車のアイデス商品一覧自転車D-BikeD-Bike Master / ディーバイクマスター(16インチ/シアン)

D-Bike Master / ディーバイクマスター(16インチ/シアン)

対象年齢

3.5歳~

身長95~111cm



 





D-BIKE MASTER / ディーバイクマスター(16インチ/Cyan)

自転車マスターを目指す子どもたちのために開発されたディーバイクマスターは、キックバイクや三輪車からのステップアップにも最適な自転車です。
幼児車には思えないスポーティーで本格的なデザインには、かっこよさだけでなく自転車をスムーズにマスターするための工夫がたくさん。従来商品にくらべサドルをより低くセット可能、ライザータイプのハンドルで今までより操作しやすく。そして注目はやはり「クイックテイク」機構。ペダルが工具なしで簡単に脱着できるので足けりの練習からはじめられるからスムーズに補助なしバランスがマスターできます。必要に応じオプションの補助車(※)もご用意。クイックテイクだから工具なしの簡単脱着可能です。
いきなり補助車なしに挑戦はもちろん、補助車付きで乗る初めての自転車としてもディーバイクマスターは最適なキッズバイク。 早く乗れるようになってお友達に自慢しちゃおう!

※バスケット、補助車は別売りです
  

 



 

 スムーズで確実な自転車の練習方法とは? 

子どもが補助なし自転車に乗れるようになる瞬間は、自分がちょっぴり「おにいさん/おねえさん」に成長したことを強く感じる一生思い出にのこる特別な瞬間です。でもそのための練習はそれまで体験してきた遊びのように簡単にはいきません。個人差はありますが、多くの子どもたちにとって自転車の練習は人生最初の試練ともいえるのではないでしょうか。練習が怖くてなかなか乗れるようにならない、そもそもどうやっておぼえて(教えて)良いのかわからない、そんな子どもたちや親御さんも多いようです。昔パパやママが子供のころにおぼえたように「気合い」と「根性」で…という方法もありますが、あまり良い方法とは言えません。実はもっと効率が良く確実な練習方法があるのです。

 

ポイントはペダル外し!! D-BIKE MASTERは「クイックテイク」システム搭載

 

確実な上達のポイントはきちんとしたステップで少しづつ難しい練習に移っていくこと。その中で最も注目すべき練習方法は「ペダル」を外して練習するステップがあること。ペダルを外して足で蹴って進む練習をすることで、驚くほどスムーズに確実に上達していきます。この練習方法はプロの自転車選手による自転車教室などでも採用されている実績のある練習方法です。しかし通常ペダルを外すには特殊な工具が必要です。

D-BIKE MASTERに搭載されている「クイックテイク」はペダルや補助輪が工具無しで簡単に脱着できるシステムです。ペダルをつけたり外したりは簡単、いつでもこの「ペダルなし」練習ができることが確実な上達の秘訣です。補助輪も簡単に着脱できるから、乗れるようになる前は公園まで補助付きでいって、公園で練習し、また補助輪をつけて帰ってくる、ということも可能です。(※補助輪は別売りオプションです)


 

 
  1.サイズ

スムーズな上達にまず欠かせないことは、体にあったサイズの自転車を選ぶこと。親としてはできるだけ長く乗れるように少しでも大きいサイズの自転車を買い与えたいところですが、サイズは上達のスピードに直接影響があります。特に大きすぎるサイズの自転車ではなかなか上達しません。また逆に、小さすぎるサイズの自転車での練習もオススメできません。乗れる期間が極端に短くなってしまうのはもちろんのこと、曲がったりブレーキをかけたりする時にバランスを崩しやすく、安全に乗れない場合があります。

D-BIKE MASTERは16インチと18インチ、2種類のタイヤサイズからお選びいただけます。お子様の身長や体格にもよりますが、乗り始める時期の目安としては16インチは3~5歳頃、18インチは4~6歳頃のお子様の体格に合うように設計されています。
実際にまたがってチェックする時のポイントは両足を地面につけ安定して自転車を支えられること。サドルを適切な高さまで低くできることが「ペダルなし」練習の時にも重要です。
D-Bike Masterは従来のモデル(※)に比べサドルが低くでき、地面に足が届きやすいように設計されています。(※当社比)






2.装備

 まだ小さなお子様にとって自転車は、それまでの三輪車や足けりバイクに比べて大きく重く感じます。ハンドルを持って自転車をコントロールするのも、初めはとても重く操作しにくく感じます。ですからハンドル付近に重い余計な装備、たとえばバスケットやメーターなどがついていないものの方が乗りやすく、上達が早いです。しかしほとんどの幼児自転車にはこうしたカゴや玩具のような仕掛けやパーツがハンドルの周りに装備されているものが大多数です。

D-BIKE MASTERはハンドル周りの余計な装備を省き、自転車練習時のハンドルの軽さと乗りやすさを最優先に設計されています。ハンドル自体の形状も従来より(※)少し幅が広いので力が入りやすく、また体格に合わせた調整がしやすいライザータイプのデザインを採用しています。(※当社従来品との比較)

またオプションでバスケット(※)もご用意。しっかり乗れるようになったらバスケットを取り付けて荷物を運ぶことも可能です。

 (※バスケットは別売りです)

 
  

 
1 「自転車押し」

 はじめは自転車を押す練習からはじめます。ペダルを外し、自転車の左側に立ってハンドルを両手で持ちます。自転車を真っすぐ立て、真っすぐ押すことを練習します。できるようになったら押しながら曲がる練習をします。
まず自転車の大きさや重さに慣れることが安全のためにもとても重要です。ふらつかないで押したり止まったりができるようになるまで練習します。安定してたてるようになったらスタンドの上げ下げの練習をするのも良いでしょう。練習や準備はパパやママがサポートしてあげて下さい。


 

 


 

2 「ブレーキ」

 次にブレーキの練習をします。まず止まったままブレーキを握って戻すことを練習します。できるようになったら押して歩き、途中でブレーキをかけて止まることを練習します。ブレーキが利いて止まる感覚を体で覚えることが大切です。この練習は補助輪をつけても行うことができます。

 



 






 

3 「足けり乗り:初級」

 自転車に乗った練習にステップアップです。ペダルは外したまま自転車にまたがり、歩いて進むことをおぼえます。ふらつかないで進めるようになるまで練習し、止まる時はブレーキをかけて止まるようにします。
サドルは両足が地面にしっかりと届く高さに調整してあげて下さい。


 










 




4 「足けり乗り:上級」

 足けり乗りで上手に進めるようになったら、少しスピードを出して蹴って進んでみましょう。勢いをつけて両足を地面から離し、蹴らずに勢いだけで進めるようになるまで練習します。この練習をしっかり行うことで2輪だけでのバランス感覚が身につきます。その状態でハンドルで好きな方向に進んだり、勢いをつけたところからしっかりブレーキで止まれるようになれば、自転車に乗れる基礎はもうほとんどできています。マスターまであともう少しです。

 





 

 
5 「ケンケン乗り」

 いよいよペダルをつけた練習に入ります。
ペダルを右側だけつけて練習します。右足をペダルに乗せケンケンで進みます。ふらつかないで進めるようになったら少し勢いをつけ、右足はペダルに乗せたまま左足を地面から離し、そのまま勢いだけでふらつかずに進めるように練習します。止まる時は右足はペダルに乗せたままブレーキを使いスピードを落とし、とまる寸前にペダルから足を離して地面に両足をつければ完璧です。


 



 


6 「バランス+ペダリング」

 いよいよ最終段階です。ペダルを両方とも取り付け、サドルを少しだけ上げます(サドルにすわってペダルをこいだとき足が窮屈になりすぎないように調節します)。
ステップ5のケンケンで進み、勢いをつけたところで左足をペダルにのせ、両足でペダルを回して進む練習をします。勢い良くこげばこぐほど自転車は安定します。「ペダルをこぐと安定する」という感覚を体で覚えることが大切です。少しづつ進める距離を伸ばしていきましょう。






 曲がる練習は初めは大きくなカーブからはじめます。曲がるコツはいきたい方向を見ることで、見ることで自然とそちらの方に自転車が進んでいきます。
止まる時はまず両足の回転を止め、それからブレーキをかけて止まりまるように練習します。足は止まる寸前までペダルに乗せたまま、最後に止まる直前で足を地面につくように練習をします。

1から6のステップで少しづつ練習することで、確実に上達し、誰でも自転車に乗れるようになります。ディーバイクマスターは乗りやすく設計された車体と着脱ができるペダルの練習に最適な自転車です。楽しく練習できるからメキメキ上達! ディーバイクマスターでお子様の自転車チャレンジ、はじめまてみませんか?



 

補助輪について...

 2輪だけでのバランス感覚を身につけるために補助車を使用することはありません。しかし、最後のステップ6でペダルを回す感覚がどうしてもつかめない時は、いったん補助車をつけてペダルを回して進む練習をし、補助を外してまたステップ6の練習にもどるのも効果的です。
通常の幼児自転車の場合、補助車の取り付け取り外しは自転車店などで行いますが、「クイックテイク」のディーバイクマスターなら工具なしでワンタッチ、パパやママでも着脱できます。
(※補助車はオプションです)






 

「補助なし自転車100%完全マスター」


D-Bike の補助なし自転車教本がついにできました。D-Bikeインストラクターたちが実際に数々の自転車体験会で子どもたちに教えた体験とノウハウが詰まった、今までになかった子どものための自転車のレッスン本です。アイデスのオンラインショップやD-Bikeシリーズ取り扱い店にて無料でお求めいただけます。またデジタル版を無料でダウンロードする事もできます。(デジタル版を見るにはページ下の「取扱説明書」をクリックして下さい)

 



 


はじめての自転車の選び方

 子供用の自転車には様々なタイプの自転車があります。中には練習のことだけを最優先に考えたペダルとチェーンが丸ごとごっそり外れてしまうものや、取り回しやすいように車輪のサイズが極端に小さな(12インチなど)自転車もあります。
D-Bike Masterは16と18インチのサイズをラインナップ。お子様の体格によりますが、16インチは3.5歳~(18インチは5歳~)の子供が乗れる、はじめての補助なし練習でよく選ばれるサイズです。練習の時だけでなく、乗れるようになった後も長く楽しんでいただけるよう、特に自転車としての要であるフレームには基本性能を最優先にしたタイプを採用しています。

自転車はお子様の体の成長とともにどうしても大きなサイズに買い替える時期がやってくるものですが、あまり極端な機構やサイズのものは使用期間が短くなったり耐久性に問題があったり、すぐに買い替えることになってしまう場合もあります。
楽しく乗っていただくためにも安全のためにも、基本性能のしっかりとした、お子様の体にあった自転車をおすすめ致します。

 





D-Bike Master / ディーバイクマスター(16インチ/シアン) 製品特長

  • クイックテイク/ペダル 工具なしで脱着できるペダル。足けりのバランス練習には欠かせない機能です。
  • BMXタイヤ カッコいいBMX用のファットなタイヤです。ブラックリムとの相性もバッチリ。
  • BMXタイプステム BMXのようにハンドルの脱着ができるステム。ハンドルをカスタマイズすることもできます。
  • カラーライザーバー ポジション調整がしやすい形状のカッコいいハンドルバー。
  • 別売りオプション/補助車 工具なしで脱着できる、クイックテイクの補助車。
  • 別売りオプション/バスケット 専用のバスケットです。

D-Bike Master / ディーバイクマスター(16インチ/シアン) 製品スペック

サイズ 
16インチ
製品寸法 
W480xL1170xH710mm
適性身長 
95~111cm
参考年齢 
3.5歳~
 

そのほかのおすすめ商品

商品カテゴリー