三輪車のアイデス商品一覧自転車D-BikeD-Bike Master SE / ディーバイクマスターSE(16インチ/イエロー)

D-Bike Master SE / ディーバイクマスターSE(16インチ/イエロー)

対象年齢

3.5歳~

身長95~111cm





D-BIKE MASTER / ディーバイクマスターSE(16インチ/Yellow)

 

補助なし自転車チャレンジを100%サポート! 
マウンテンバイクのインストラクターがデザインした最新のキッズバイク、ディーバイクマスターに特別仕様のSEが登場!

D-BIKE MASTERはこれから自転車にチャレンジするキッズに最適な自転車です。補助なし自転車の最もスムーズで効率よい練習方法はペダルを外して足けりでのバランス練習からはじめること。でも普通はペダルを外すには専用工具が必要です。D-BIKE MASTERはペダルの着脱が簡単なクイックテイクシステムを採用。補助なしの練習に最も効果的な「足けりバランス」練習が簡単にできるから上達のスムーズさが断然違います。

D-BIKEシリーズの乗り物は、マウンテンバイクの公認インストラクターのライセンス(※)を持つデザイナーを中心としたD-BIKEの開発チームによって企画/開発されており、自転車のMASTERにもその経験とアイディアがふんだんにもり込まれています。補助なし練習時の扱いやすさと使いやすさを最優先にした機構やパーツのデザイン、練習の時だけでなく乗れるようになった後も安心して長く乗ってもらえる基本構造を押さえたフレーム設計など、本物のスポーツバイクを知るからこそのデザインが特徴です。

 ※)JMA/日本マウンテンバイク協会 公認インストラクター

  ※バスケット、補助車は別売りです

取り扱い店:スポーツオーソリティ(一部の店舗を除く)






特別仕様の「SE」にはスポーティーな走りを予感させる迫力のカラーとグラフィックに加え、本格的スポーツ自転車にも搭載されているVブレーキを採用。より軽い操作で高い制動力の得られるブレーキの採用により、性能と扱いやすさにも一段と磨きがかかりました。もちろん今までのMASTERと同様、補助輪やバスケットなどのオプションにも対応しています。16インチ(イエロー)と18インチ(グリーン)の2種類のサイズからお選びいただけます。
 

 



 

 スムーズで確実な自転車の練習方法とは? 

子どもが補助なし自転車に乗れるようになる瞬間は、自分がちょっぴり「おにいさん/おねえさん」に成長したことを強く感じる、一生思い出にのこる特別な瞬間です。でもそのためには練習も必要です。昔、パパやママが泣きながら練習したような「気合いと根性」でおぼえる方法もありますが、怖さがトラウマになってしまい自転車から遠ざかり、大きくなっても乗れない子どもがたくさんいるのも事実です。でも怖い思いをせず確実に上達し乗れるようになる方法があります。
 

 

ポイントはペダル外し!! D-BIKE MASTERは「クイックテイク」システム搭載

 確実な上達のポイントはきちんとしたステップで少しづつ難しい練習に移っていくこと。そしていきなりペダルをこぐ練習をするのではなく、足で蹴って進む練習をすること。これにより怖い思いをする事なく二輪のバランス感覚を身につける事ができます。その時にポイントになるのが「ペダル」を外すこと。そうする事でペダルに足をぶつける事なく、集中してバランスの練習ができるのです。しかしペダルを外すには特殊な工具が必要で、また一般に自転車整備士が作業が行うことになっているパーツです。

D-BIKE MASTERに搭載されている「クイックテイク」はペダルや補助輪が工具無しで簡単に脱着できるシステムです。ペダルをつけたり外したりはワンタッチ、いつでも「ペダルなし」練習ができることがで上達がスムーズです。補助輪も同様に工具いらずで簡単に着脱できるから、乗れるようになる前は公園まで補助付きでいって、公園で練習し、また補助輪をつけて帰ってくる、ということも可能です。(※補助輪は別売りオプションです)



「補助なし自転車100%完全マスター」

 

デジタル版を見るにはページ下の「取扱説明書」をクリックして下さい。

D-Bike の補助なし自転車教本がついにできました。マウンテンバイクの指導員ライセンスを持つD-Bikeインストラクターたちが実際に数々の自転車体験会で子どもたちを「のれた!」まで導いたノウハウが詰まった、今までになかった子どものための自転車のレッスン本です。アイデスのオンラインショップやD-Bikeシリーズ取り扱い店にて無料でお求めいただけます。またデジタル版を無料でダウンロードする事もできます。(デジタル版を見るにはページ下の「取扱説明書」をクリックして下さい)

 

(本の内容をダイジェストでご紹介)


 

 
  1.サイズ

スムーズな上達にまず欠かせないことは、体にあったサイズの自転車を選ぶこと。親としてはできるだけ長く乗れるように少しでも大きいサイズの自転車を買い与えたいところですが、サイズは上達のスピードに大きな影響があります。

D-BIKE MASTERを例にとると16インチと18インチがあります。体格に左右されるので個人差が大きいですが、乗り始める時期としては16インチは3~5歳頃、18インチは4~6歳頃が1つの目安です。
実際にまたがってチェックする時のポイントは両足を地面につけ安定して自転車を支えられること。サドルを適切な高さまで低くできることが「ペダルなし」練習の時にも重要です。
足付きは重要ですが、体格に対して小さすぎるサイズの自転車にのることも、安全面に不安があり実はおすすめできません。   











2.装備

 自転車は小さな子どもにとって、それまでの三輪車や足けりバイクに比べて大きく重く感じます。ハンドルを持って自転車をコントロールするのも、初めはとても重く操作しにくく感じます。ですからハンドル付近に重い余計な装備、たとえばバスケットやメーターなどがついていない方が乗りやすく、上達が早いです。多くの幼児自転車にはこうしたカゴや玩具のようなパーツがハンドルの周りに装備されていることが多いです。

D-BIKE MASTERはハンドル周りの余計な装備を省き、自転車練習時のハンドルの軽さと乗りやすさを最優先に設計されています。ハンドル自体の形状も従来より(※)少し幅が広いので力が入りやすく、また体格に合わせた調整がしやすいライザータイプのデザインを採用しています。(※当社従来品との比較)

 

 











  

 
「自転車をおせるようになろう」
自転車のとりまわし

 はじめは自転車を押す練習からはじめます。足に引っかからないようにペダルを両方とも外し、自転車の左側に立ってハンドルを両手で持ちます。自転車を真っすぐ立て、真っすぐ押すことを練習します。できるようになったら押しながら曲がる練習をします。
まず自転車の大きさや重さに慣れることが安全のためにもとても重要です。安定してたてるようになったらスタンドの上げ下げの練習をするのも良いでしょう。練習や準備はパパやママがサポートしてあげて下さい。


 

 


 

「自転車を押せるようになろう」
ブレーキをおぼえよう

 まず止まったままブレーキを握って戻すことを練習します。できるようになったら押して歩き、途中でブレーキをかけて止まることを練習します。ブレーキが利いて止まる感覚を体で覚えることが大切です。

 



 






 

「足けり乗り」
初級

 ペダルは両方とも外したまま自転車にまたがり、歩いて進むことをおぼえます。ふらつかないで進めるようになるまで練習し、止まる時はブレーキをかけて止まるようにします。
サドルは両足が地面にしっかりと届く高さに調整してあげて下さい。


 










 




「足けり乗り」
上級

 上手に進めるようになったら、少しスピードを出して蹴って進んでみましょう。勢いをつけて両足を地面から離し、蹴らずに勢いだけで進めるようになるまで練習します。この練習をしっかり行うことで2輪だけでのバランス感覚が身につきます。その状態でハンドルで好きな方向に進んだり、勢いをつけたところからしっかりブレーキで止まれるようになれば、自転車に乗れる基礎はもうほとんどできています。次はペダルをつけた練習です。

 





 

 

 
5 「ケンケン乗り」

 ペダルを右側だけつけて練習します。右足をペダルに乗せケンケンで進みます。ふらつかないで進めるようになったら少し勢いをつけ、右足はペダルに乗せたまま左足を地面から離し、そのまま勢いだけでできるだけと奥まで進めるように練習します。止まる時は右足はペダルに乗せたままブレーキを使いスピードを落とし、とまる寸前にペダルから足を離して地面に両足をつければ完璧です。


 



 


「ペダルをつけて練習」

 いよいよ最終段階です。ペダルを両方とも取り付けます。
前のステップのケンケン乗りで進み、勢いがついたところで蹴っていた左足もペダルにのせ、両足でペダルを回して進みます。力を入れてこげばこぐほど自転車は安定する感覚を体で覚えることが大切です。少しづつ進める距離を伸ばしていきましょう。 





 

 曲がる練習は初めは大きくなカーブからはじめます。曲がるコツはいきたい方向を見ることで、見ることで自然とそちらの方に自転車が進んでいきます。
止まる時はまず両足の回転を止め、それからブレーキをかけて止まりまるように練習します。足は止まる寸前までペダルに乗せたまま、最後に止まる直前で足を地面につくように練習をします。





 

補助輪について...

 2輪だけでのバランス感覚を身につけるために補助車を使用することはありません。しかし、最後の段階である「両足でペダルを回す」ことがどうしてもうまくできない時は、いったん補助車をつけてペダルを回して進む練習をしてから、また補助を外して練習すると効果的です。
通常の幼児自転車の場合、補助車の取り付け取り外しは自転車店などで行いますが、「クイックテイク」のディーバイクマスターなら工具なしでワンタッチ、パパやママでも着脱できます。
(※補助車はオプションです)




 



 

 自転車の種類について

 

 子供用の自転車には様々なタイプがあります。最近ではかなり小さなうちから乗れるように自転車としては極端に小さなタイヤ(10~12インチなど)でクランクとチェーンや歯車部分が丸ごと脱着できる機構を持つ、自転車にもペダルレスバイクにもなるという「一石二鳥でお得な」自転車もあるようです。フレームのクランク部分(ペダルがついている棒とチェーンがついている歯車全体を支えている部分)は自転車の中でも最も大きな負荷のかかる要の部分です。「一石二鳥」タイプの自転車では脱着できる構造であるため、溶接でしっかりと保持されている通常の自転車と比較すると強度は劣りますので、自転車として長期にわたる使用を考えている方には向いているとはいえません。また通常の自転車であればクランク部分の脱着は自転車の整備士が行うようになっています。それだけ負荷もかかる自転車の重要な部分であり、また脱着機構がついているから「だれでもそれが簡単にできる」というわけではないので注意してください。「一石二鳥」タイプに多い10~12インチのタイヤサイズの自転車は、一般に補助輪なし練習を始めることが多い3歳~6歳ごろの子どもの体格には小さすぎるので、自転車として使える期間はかなり短くなります。こうしたことを考慮してから選択すると、買い直しなどの失敗をしなくて済みます。

また「サドルが極端に上下に調整できるから大きくなっても使える」という自転車もあります。一見お得に見えますが、実は体格に対する適切な自転車のサイズとはサドルの高さだけでは決まりません。適切なサイズにはクランクの長さやタイヤの大きさ、フレーム全体の大きさなど全てが関係しています。このタイプの自転車でおこりやすいのは、 サドルを一番低くした時(子どもが小さいとき)は足付きは良いもののサドルとクランクが近すぎてかなりこぎ難く、逆にサドルを一番高くするころ(子どもが大きくなったとき)はもうクランクの長さも車輪の大きさも全が小さく、乗っている姿を見ても体格に対して明らかに自転車が小さく、乗車姿勢も不自然で操作性や安全性に不安がある場合が多く見られます。また「長く乗れる」と思っていたのに、明らかに小さくなった自転車を子どもがいやがり、結局は成長にあわせて自転車を買い直した...という親も少なくないので、参考として知っておくと良いでしょう。

D-Bike Masterのように自転車としての基本構造や性能を重視して、比較的シンプルにデザインされた自転車もあります。こうした自転車は本格スポーツ自転車メーカーで取り扱っている事が多いです。ただ大人用スポーツ自転車メーカーから出ている子供用はそもそも乗れる子どもを対象にしていたり、また競技で使う事を前提にしていたりしているため地上高が高く、ホイールは小さくても足付きが悪く練習には向かないものが多いです。この点、D-Bike Masterは低床フレームを採用していますので初めての自転車としても乗りやすいのが特徴です。練習の時だけでなく、乗れるようになった後も安心して長く楽しむことを考えた時は、こうした自転車としての基本構造がシンプルでしっかりとしたものを選ぶと良いでしょう。

 



取り扱い店:スポーツオーソリティ(一部の店舗を除く)





<

D-Bike Master SE / ディーバイクマスターSE(16インチ/イエロー) 製品特長

  • クイックテイク/ペダル 工具なしで脱着できるペダル。足けりのバランス練習には欠かせない機能です。(Masterシリーズ共通)
  • BMXタイヤ 乗りやすさと乗り心地をバランスよく両立する、ファットなBMXタイヤ。(Masterシリーズ共通)
  • BMXタイプステム BMXやスポーツバイクの様にハンドルの確実な固定や脱着、カスタムがしやすいステム。(SE専用カラー
  • ライザーバー 操作しやすくいリラックスしたライディングフォームを実現するハンドルバー(Masterシリーズ共通)
  • 別売りオプション/補助車 工具なしで脱着できる、クイックテイクの補助車。(Masterシリーズ共通)
  • 別売りオプション/バスケット 専用のバスケットです。(Masterシリーズ共通)
  • Vブレーキ スポーツ自転車にも採用されているVブレーキ搭載で性能と操作感が大幅に向上。(Master SE専用)
  • クイックシートクランプ 工具なしサドルの高さ調整ができるクイックタイプのシートクランプを採用。(SEは専用メタリックブルー)

D-Bike Master SE / ディーバイクマスターSE(16インチ/イエロー) 製品スペック

サイズ 
16インチ
製品寸法 
W480xL1170xH710mm
適性身長 
95~111cm
参考年齢 
3.5歳~
 

そのほかのおすすめ商品

商品カテゴリー