三輪車のアイデス商品一覧D-Bikeディーバイク キックス プラス ホンダ(2021年4月発売予定)

ディーバイク キックス プラス ホンダ(2021年4月発売予定)

対象年齢

2才~

サドル最低地上高:30cm

ディーバイク キックス プラス ホンダ / D-Bike Kix Plus Honda




ディーバイクにホンダカラーの特別バージョン!

ディーバイク ホンダは、「My First Ride/ 人生初"のりもの"体験」をテーマに、ホンダのデザイン監修のもと実現した特別なディーバイクです。ホンダ伝統をイメージしたトリコロールをテーマとした"V・トリコロール"と、ホンダのCBRシリーズをイメージした"G・レッド"の2種類のバリエーション。 将来の自転車のトレーニングにも最適で、高い操作性と安全性を備えています。たとえば小さな子どもの力で扱いやすいブレーキ「EZB」。他にもフットデッキやスタンドを装備。そして、フレームに軽量のアルミを採用し、乗りやすさにもこだわりました。

※お店によっては取り扱いのないカラーがある場合がございます。詳しくは販売店にてお訪ねください。


 




自転車トレーニングに最適なブレーキを装備。安心品質のキックバイクならディーバイク。

MTBインストラクター(※)によるデザインチームがプロデュースするキッズ自転車ブランド「ディーバイク」。その最新のキックバイクがディーバイク キックス プラスです。

ディーバイク キックスは日常での使い勝手や安全性、将来の自転車への体験価値を重視してデザインされています。特徴であるブレーキやフットデッキなどもそのための装備。キックバイクでの遊びは、それ自体がゴールではありません。その使命は楽しく遊べるのはもちろん、将来安全に楽しく自転車に乗る準備になること、そして全ての乗り物に通ずる安全の基本やマナーを体験できること。レース競技で人より速く走れたり勝負に勝つことよりも大切なことがあると私たちは考えています。
ブレーキなしキックバイクによる痛ましい事故も増えています。安全性能はもちろん、キックバイクとしての最高の性能を目指して開発されたディーバイク キックスで、人生初めてののりものデビューを最高に幸せな思い出にしてください。
 
※)JMA/日本マウンテンバイク協会 公認インストラクター



 





自転車へのステップアップを考慮した、キックバイクとしての高い総合性能

 
ディーバイク キックスは、将来の自転車へのステップアップを重視してデザインされています。例えばブレーキやフットデッキなどの装備は、「ブレーキをつかう」や「ペダルに足をのせておく」など、将来の自転車で必要な感覚を遊びながら身につけるための装備です。
キックバイクをより小さな頃から体験したい子どもが増えています。キックスのサドル最低地上高は30cm。サドルが低くセットできるフレームだから、2才前後の小さな頃から無理なくチャレンジができます。スポーティーでカッコいい、パパのスポーツバイクも顔負けの本格的なデザインもポイントです。
 


子どもの握力でも簡単操作「イージーブレーキ・EZB」
 

キックバイクにまず必要なのは高い安全性。キックスプラスには、2才ごろの子どもの握力でも操作しやすい新開発のブレーキ「EZB(※)」が搭載されています。自転車パーツを流用した他のキックバイクのブレーキより大幅に扱いやすいのはもちろん、今までのディーバイク キックスのブレーキと比較しても制動力や耐久性など総合性能がアップしました。
「子どもにはできない」と決めつけてブレーキを装備しないキックバイクもあります。でも伸び盛りの子どもには「体験させる、チャレンジさせる、できるようになるチャンスを与える」というスタンスがとても大切、それはブレーキ操作も同じこと。最初は上手にできなくても、3才、4才と成長していくにつれ自然に身についていきます。幼少時にブレーキなしで遊んできた子どもは、将来の自転車デビューの時にも無意識に足で止めようとしてしまいます。キックスなら自転車へのステップアップや安全にも不安はありません。
 (ブレーキワイヤーの取り回しやハンドルの高さなどによりブレーキアウターにテンションがかかると相対的にブレーキワイヤーが引かれた状態になり、走行時や後輪を回転させたときにブレーキシューが擦れる音がする場合がございますが、異常ではございません)
(※)EZBは、アイデスとKARASAWA TRAFFIC EQUIPMENT社の共同開発で作られた子ども自転車用のブレーキです





軽量のアルミフレーム


フレームは軽量のアルミニウムを使用(※)。従来のキックスより軽量(重量3.6kg)になって、乗りやすさに磨きがかかりました。軽いので持ち運びも簡単です。

(※)フォーク、ハンドルはスチール製です。
 





フットデッキ


 まるでスケートボードの様なフットデッキも、自転車へのステップアップを考慮した装備です。「両足はペダルに乗せておくもの」という習慣を小さいうちから遊びを通して自然に身につけられます。



ライザーバーハンドル

ハンドルバーはセミライザータイプの形状を採用。リラックスした自然なライディングポジションがとれることで操作もしやすくなりました。またハンドルの幅は広めのデザインを採用。操作が軽く、地面からの衝撃でハンドルが振られにくい安定感のあるライディングができるセッティングになっています。






 

回転ストッパー付き、オフセットフロントフォーク


ディーバイク キックスは、自然で安心感のある走行性能を実現するオフセットフォークを採用しています。また、不用意なハンドルの切れ込み防止するため、ハンドルが360度回らないストッパーを装備。前述のオフセットと共に、走行中の危険な挙動と転倒の危険を可能な限り減らすための工夫です。



スタンド


スタンドが装備されていることもディーバイク キックスの特徴です。駐輪時に便利なだけでなく、スタンドの出し入れも、子どもにとっては自転車につながる体験です。スタンドをかけて大切に扱う事で「モノを大切にする」という優しい心も自然と身につきます



 専用グリップ

 握りやすい細身のグリップです。滑りにくいパターンとサイドのプロテクター形状で、安全性と操作性がアップしました。



 サドル


自転車のサドルに近い形状ですわりやすい、クッションの入った小型サドルです。




 


 







乗りやすく上達しやすい、ディーバイク キックスのポジションセッティング方法


お子様の体格や上達具合に合わせてサドルとハンドルの高さを調整する事で、ディーバイク キックスをより上手に乗りやすいセッティングにすることができます。

ハンドルの高さ
サドルにすわってグリップを持ったとき、腕が肩より少し下がる角度になるように調整します。可能なら手首が肘よりも下がるセッティングにすると、リラックスした操作しやすいフォームになります。ハンドルは最初は一番低くしておいて、少しづつ上げながら良い位置に調整すると良いでしょう。

サドルの高さ

基本は両足がしっかりと地面に届くサドルの高さにすること。足付きを良くすることで怖さを軽減できます。低くしすぎると漕ぎづらくなるので、地面に足が届きつつひざが軽く曲がるくらいが目安です。慣れてきた時は、サドルの高さを少しだけ上げると乗りやすくなります。

  








 

ディーバイク キックス プラス ホンダ(2021年4月発売予定) 製品特長

  • イージーブレーキ 小さな子供でも扱いやすいブレーキ
  • アルミフレーム 軽量のアルミフレーム(車重3.6kg)

ディーバイク キックス プラス ホンダ(2021年4月発売予定) 製品スペック

製品寸法 
W430×L875×H520mm
製品重量 
3.6kg
年齢目安 
2才~
乗車体重 
20kgまで
身長めやす 
85cm~(サドル最低地上高:30cm)

カラー:V・トリコロール、G・レッド
メーカー希望小売価格  ¥ 13,800+税

※製品写真は、実際の色とは若干異なる場合がございます。
※ご覧のモニターやデバイスによって、実際の色とは異なって見える場合がございます。
※身長や年齢目安の表記はあくまでも目安であり、個人差があります。

本製品はカラーリングデザインのみHondaが監修しており、
機能や品質の保証はアイデス株式会社によるものです。
製品に関するお問い合わせは、アイデス株式会社までお願いします。

そのほかのおすすめ商品

商品カテゴリー