三輪車のアイデス商品一覧D-Bikeディーバイクについて...

ディーバイクについて...









成長にあわせてステップアップするディーバイクのチャレンジ体験!

 

ディーバイク(D-Bike)は、その遊び体験を通じて子どもたちの「未来をのりこなせる大きな力=チャレンジスピリット」を育むことをコンセプトとしてスタートしたキッズライドブランドです。ラインナップには「1歳からのチャレンジバイク」のミニ、三輪車のトライ、ペダルレスバイクのキックス、そして自転車のマスターなど、お子様の年齢や成長にあわせてちょうど良いチャレンジをもたらしてくれる様々な乗り物があります。 

 乗り物に乗る事が想像もできないようなやっと立って歩く事ができるようになったまだ頼りない赤ちゃんが、色々なディーバイクとふれあいながら少しづつ、しかし力強く成長し、最後は大人とかわらない補助なしの自転車を堂々とのりこなせるほどの元気で頼もしい「未来をのりこなせるたくましい子ども」へと成長していくことを、ディーバイクシリーズで是非体験してください。それはお子様だけでなく見守るママやパパにとっても一生忘れられない特別な思い出になる事でしょう。

 子どもの遊び環境は昔とは変化し、インドアで遊ぶ玩具やゲームなどにあふれています。だからアウトドアでの「のりもの遊び」はとても貴重な体験です。お子様の心と体の健やかな成長のためにも、D-Bikeのチャレンジ体験をはじめてみてはいかでしょうか。 
 



※「ディーバイクチャレンジスタートめやす」は大人がサポートしながら体験がはじめられる参考の年齢で、一人でのりこなすことができる年齢とは異なります。お子様に適した乗り物と年齢の関係には個人差があります。

 
 
 
 
 






MTBインストラクターがデザインしたキッズバイクブランド、ディーバイク

ディーバイク(D-Bike)はマウンテンバイクインストラクター(※)のライセンスを持つデザイナーによる開発チームがプロデュースする、今までになかった新しいキッズライドブランドです。本物のスポーツバイクを知るインストラクターだからこその発想やアイディア、そして経験が、シリーズの全ての自転車やキッズライドのデザインや設計にふんだんにもり込まれています。 ディーバイクシリーズの「ディーバイクマスター」やペダルレスバイクの「ディーバイクキックス」はJMA(日本マウンテンバイク協会)の主催する自転車キッズ検定というプログラムや体験イベントでも採用されています。

※)JMA/日本マウンテンバイク協会 公認インストラクター


日本マウンテンバイク協会(JMA)、自転車キッズ検定について

日本マウンテンバイク協会(JMA)は国内におけるマウンテンバイクの普及・発展のためイベント・競技会・スクールの企画・開催・運営 /指導者の養成・派遣 / フィールド設置・管理 / 環境問題への取り組み / 世界の関連団体との交流を行っている団体です。 JMAの主催するキッズ検定は、子供の頃から自転車のルール・マナー、乗り方を楽しく学ぶために産まれました。検定の方式を活用して楽みながらチャレンジしてもらうことを重視したプログラムで構成されています。子どもたちにとってとても楽しい道具であり、大切な友達にもなり得る“自転車”を、 楽しく安全に乗れることを目指してはじめたプロジェクトです。  D-Bikeの開発チームのインストラクターも、JMAの主催する自転車キッズ検定やその他の自転車イベント運営への参加や協力を積極的に行っており、そうしたフィールドワークでの経験と発想がD-Bikeシリーズの企画や設計、デザインにいかされています。

 ※)JMA/日本マウンテンバイク協会、キッズ検定はこちら

 
 
 
 
 

そのほかのおすすめ商品

商品カテゴリー