子どもも加入できる!自転車保険のすすめ

子どもが自転車事故の加害者になる可能性も……

数年前、当時小学生だった子どもが運転する自転車と歩行者と衝突する事故が発生しました。裁判の結果、一億円近い損害賠償を命ずる判決が下り、大きな話題になったのです。このニュースは、高額な損害賠償金の判決が下ったということだけでなく、事故を起こした子どもの親がその損害賠償責任を負うという判決を言い渡されたことが、社会的に注目されるきっかけとなりました。

ある日突然、お子さまが起こした事故で高額な損害賠償金を負うことになり、あなたはそれを責任を持って支払うことは可能でしょうか?自転車に乗っておこる万が一のときのための備えとして、「自転車保険」という保険が存在しますが、この保険は大人のためだけではなく、子供からでも加入することができます。

 

自転車保険ってどんな仕組み?

自転車保険は主に、自分のケガを補償してくれる「損害保険」と、相手のケガや物損の補償をしてくれる「個人賠償責任保険」の2つの保証内容で構成されています。保険自体は「任意保険」、つまり必要と思った人が自発的に利用するものです。
近年、自転車による事故が話題に上がるようになり、万一に備え保険を利用する人も増加傾向にあります。中には、自治体によっては義務化を検討しているエリアもあるほど。先の判決のように高額な賠償金が発生した事故は極端な例ですが、自転車は便利な反面リスクもつきものです。

子どもを自転車保険に加入させるためには、子どもを「被保険者」として登録することが必須。保護者が契約し、お子さまを被保険者として登録すれば、保険が適用されます。また、自転車購入時でなくてもいつでも加入が可能なんです。

 

自転車保険の紹介

多くの方にはなじみがない自転車保険ですが、今ではさまざまな保険プランが保険会社などから販売されています。条件などは会社・プランによって異なりますが、保険料は1ヶ月数百円〜年間数千円というリーズナブルなものがほとんどです。

それではここから、主たる自転車保険をご紹介していきましょう。気になる保険があれば、ぜひ加入を検討してみてください。(2017/4/1現在)

 

自転車向け保険 Bycle(au損保)
http://www.au-sonpo.co.jp/pc/bycle/
※保障の対象となる方(被保険者):0歳~74歳まで
※月額370円~、個人賠償責任保障は最大2億円など
※ポイント『自転車ロードサービスがついている!』

自転車向け保険(※三井住友海上が元受保険会社)
http://jitensya.ehokenstore.com/
※保障の対象となる方(被保険者):0歳~70歳まで
※月額333円(年間保険料:3,990円)、個人賠償責任保障は最大3億円など
※ポイント:『セブンイレブンの店頭で加入できる!』

ちゃりぽ(ジャパン少額短期保険株式会社)
http://charipo.net/
※何歳からでも加入可能
※月額260円(年間保険料:2,900円)、個人賠償責任保険最高1,000万円など
※ポイント:『オンラインで保険加入手続き可能!』

ネットde保険@さいくる(三井住友海上火災保険株式会社)
http://www.ms-ins.com/personal/kega/cycle/
※保障の対象となる方(被保険者):69歳以下
※年間保険料:3,990円、個人賠償責任保険 最高3億円など
※ポイント:『ネットで簡単お手続!』

総合保険センター(DeNAトラベル)
http://www.sougouhoken.jp/gakuso/gakunen/syogaku/
※満1歳以上〜満23歳未満の子ども(学生)に限定した保険
※ポイント:『子供向けの学生・学資・自転車保険の比較見直しに!』

 

もしもの備えに自転車保険を!

いかがでしたでしょうか。これらの自転車保険はほんの一例。保証の詳しい内容は、各会社にお問い合わせください。子どもの安全のために、もしもの場合の備えのために、自転車保険の加入をオススメします。

SNSでフォローする
関連記事
No articles